都会で働きたかった

私は関西地方の大学病院の泌尿器科病棟で深夜勤、日勤、準夜勤の3交代制勤務をしていました。
もともと、この病院はテレビで取り上げられていたりしていたので知っていました。

 

私は地方出身なので都会に出て働きたいという思いがずっとありました。それと、新人のうちに大学病院で働いて色々な知識を学びたいという意気込みがあったので、この病院を選びました。
泌尿器科病棟になったのは希望していたからではなく、病院側が振り分けるので決まっていました。病棟勤務の看護師は時短や病気など理由がない限り3交代制で働きます。

 

まず、面接と小論文の試験がありました。一応その時に希望の病棟を聞かれました。
大病院だし面接に来ている人も多かったので無理だろうな、とあきらめていましたが受かりました。

 

実際に働きだすと、学校では習わないことも専門器具もいっぱいあって、頭の中がゴチャゴチャになることもありました。しかし、プリセプターの先輩看護師さんが優しく色々聞きやすかったので助かりました。それと同期と悩みを相談しあったり、愚痴を言いあったりしてストレス発散もできました。
地方から出てきて、初めての一人暮らしであったり初めての仕事だったりで、慣れるまでは本当に大変だったのですが、周りの人にたくさん助けてもらいながら成長することができたので、この病院を選んで良かったと思います。


このページの先頭へ戻る